会津花畑蒸溜所 '香るバラ' 会津花畑蒸溜所

春先の花を見ながら春作業

‹ 2018/04/05 ›

会津では、春先は雪解けと同時にやってきますので、露地では早々に雪で倒れた枝をカットしたり、剪定でさらに摘める作業を行ってます。

この冬は大雪でしたので、パーゴラも傾いたりして、補修の作業が多しです!><

露地のほう、まだ芽吹き始めですね。ダマスクローズは、花畑のバラの中では芽吹きは2番目に早かったです。うちの大島桜も同じくらいの芽吹き具合。

ハウス場合は、成長が先んじて進みますので、選定は秋から真冬の間に完全に選定し終えてます。こちらは下げきってますし、積雪の問題がない代わりに、この時期は猛烈な水不足となります。

この春はとても暑いので、ハウスは朝から午前中まで水やりや細かな枝調整と、芽吹きの進みを確認しています。

さて、こんな時期に花畑で眺める花は、梅花!ん?遅いですよね?!そうなんです、所謂、高田梅です。高田梅は、梅の品種でも開花が遅いほうですので、桜を見る頃にちょうど咲きます。

もちろん、ダマスクローズも二重ハウスのほうでは、一番花が咲き始めてます。いつもの香りがしてきました!!^^

最後は、ダイダイの花ネロリです。こちらも香がよいです。^^ダイダイは実が欲しいので、手で受粉作業。

‹ 天候回復、ほがらかー 積雪だけど冬支度2 ›