'香るバラ' 会津花畑蒸溜所

選定しつつ、ローズヒップ。秋は実りの時期ですね

‹ 2017/09/03 ›

天候が穏やかになってきました。こんな時期は暇があれば、ダマスクローズの仮剪定をしつつ、枝をしつらえてます。

ダマスクローズは、どんな枝からも来春には花芽がでます。もちろん新枝のほうが強い花芽が付きやすいですけど、新枝と古枝ではそれ以外にも違いがあって、実は古枝も残したいのです。

そうなりますと、込み入った古枝が邪魔になって、新枝に傷を付けやすくなりますので、この頃は、邪魔になりそうな古枝の剪定を行いつつ、枝のカタチを整えてます。

この暑さがひと段落のこの時期は、花畑にはあまり花をつける野草がありません。代わりに今日は、ローズヒップ鑑賞しながら、労を費やしてました。

ハマナスのローズヒップは成長が早いですので、乾燥も終わり、保存。今ほど見頃なのは、欧州大陸系の野生種になります。

未だ緑色のたわわなヒップ。よくローズヒップに使用されるカニナ(ドッグローズ)です。今年カニナは棘ありの株のほうに実が多く、収穫しないかも?><

丸くてオレンジ色になってきたのは、ガリカ・オフィキナリスです。こちらも収穫向きですね。続いて、黄色みがでてきて小太りのは、アルバ・セミプレナです。これ意外とヒップ性能良さそうですね!こちらは、花も可愛いらいし、育てがいありそうです!!

で、実シリーズ。熟したら山椒の実みたいに真っ黒になるやつ。うん、これは山ウドです。山菜採りしてますと、たまには根っこもとれちゃうことがあるんです。><そんな時には花畑に仲間入り。

最後は、ラズベリーを美味しく頂きました。^^

‹ 楽天市場「会津花畑蒸留所」オー... 晴天の日はローズヒップ乾燥 ›